新婦から両親への手紙

披露宴の泣き所、新婦から両親への手紙の例文です。

「お父さん、お母さん、今日まで25年間、私を大事に育ててくれてどうもありがとう。

お父さんは、忙しい仕事の合間を縫って、私をいろいろなところへ連れて行ってくれましたね。
旅行が好きなお父さんの娘に生まれたおかげで、私も海外へ行くことの喜びを味わうことが出来、
現在のスチュワーデスという仕事にもつくことが出来ました。

お母さんは、どんなときにも私の味方になってくれましたね。学校の先生に志望の大学は無理だろうといわれて諦めそうになったときも、「泉が行きたい学校なら、なんとしてもがんばりなさい。」と、毎晩遅く帰ってくる私の精神的な支えになってくれましたね。そのおかげで、第一志望の大学に入ることが出来て、好きな勉強が出来て、今の私があります。

今日を迎えることが出来たのも、おとうさん、お母さんのおかげです。お父さん、お母さんと過ごした25年間は、とても幸せでした。

今日から私は孝平さんのもとへ嫁ぎます。これからは、お二人からいただいた愛情を胸に、孝平さんと幸せな家庭を築いていきたいと思います。

未熟な私ですが、これからもずっと見守ってください。」



あがり症の人でも、この本を読めば「人前で話す勇気と自信」が湧いてくる!

アフィリエイトサービス