スピーチ文例(職場の同僚:一般的)

同僚である新郎・新婦へのスピーチ文例です(5分)

「平松君、千乃さん、ご結婚おめでとうございます。

私は、平松君と、製紙精工株式会社環境部に勤務している、新原猛と申します。平松君とは、もうかれこれ2年のお付き合いをさせていただいております。

皆さんもご存知だと思いますが、平松君はとても努力家です。そして同時に無類の楽天家つまりポジティな発想の持ち主でもあります。彼と一緒に仕事をしていますと、本当によくわかります。

と申しますのは、彼は新規のプロジェクトをまかされると、実に熱心にそれについて事前調査をします。PCやインターネット、コアな雑誌を集めたり、かかわりの薄い部署にまで赴いてその情報を聞き出したり。
と、いつもプラス思考で何事にも向かっていきます。

彼と私は、入社3年目のサラリーマンであり、これから重要なプロジェクトの最前線にたっていく時期ですが、そんなときにこそ、平松君の持ち前の楽天家振りが発揮されると思います。
平松君とは、プライベートな面でもお付き合いをさせていただいています。いわゆる飲み仲間で、定時退社日には、赤い看板を目指して我先にと帰路についたものです。ちょっと寂しいのは、今後平松君がアフターファイブには、飲み屋にではなく、うれしげに家路を急ぐようになるであろうことです。当分は一人で飲みます(笑)

でも、千乃さん、一週間に一度、いや一ヶ月に一度くらいは、平松君を貸してください。この際ですから、ノロケでも何でもよろこんで聞く覚悟でいます。
ちょっとだけ飲んで、それを仕事や結婚生活のメリハリにしてあげたいと思いますので、たまのつきあいは大目にみてくださいね。

そして、私も一日も早く千乃さんのような素敵なパートナーを見つけて、平松君のようにうれしげに家路を急ぐことを目指しますので、楽しみに待っていてくださいね。

すこし一方的なお願いになってしまいましたが、これをもってお祝いの挨拶とさせていただきます。

本日は、ご結婚まことにおめでとうございます。」


学生時代の友人、職場の同僚、趣味の仲間といった新郎新婦との間柄や、席のスタイルに応じたスピーチ実例を豊富に収載。

アフィリエイトサービス