スピーチ文例(友人:職場の同僚)

普段の仕事ぶりを取り上げた文例です(約5分)

「山本君、崇子さん、ご結婚おめでとうございます。さきほどから皆様のお話をうかがっておりましたが、より一層、理想的なカップルなんだなという感が強まりました。

申し送れました、私は、山本君と同じゴルフ練習場でインストラクターをしている石森と申します。私は彼の仕事ぶりをよく知っているものの一人ですが、今日の彼の様子からもお分かりのとおり、山本君はたいへんにものごしがやわらかく、人当たりがよく誠実な好青年です。

彼と同じ職場になってもう5年になりますが、今日まで私は彼の怒った顔を見たことがありません。彼はたいへんな平和主義者で、何よりも人との対立を嫌うようです。仕事柄、お客様に対してそれは当たり前のことですが、われわれ同じ職員や関係会社の人たちに対しても、同じように優しい笑顔で対応してくれます。

世間では、男は少しくらい根が悪く、他人を押しのけてでも出世するほうがよいなどと申しますが、山本君を見ていると、そんな考えは間違いだと気づかれれます。

小さいころより、テストや受験、入社試験などの競争社会で育ってきた私たちは、ともすると人との輪を軽視しがちな傾向があるかもしれません。
それが家庭の中にまで入り込み、大変な結婚生活を送っている夫婦も多いのかもしれませんが、ご覧のとおり人当たりのよい山本君と、あたたかい崇子さんのお二人なら、まわりからうらやましがれるご家庭を作り上げてくれるはずです。

山本君、崇子さんのお二人に、一意専心、幸せな家庭作りに励まれるようお願いをしてお祝いの挨拶とさせていただきます。
このたびはご結婚、まことにおめでとうございます。」



学生時代の友人、職場の同僚、趣味の仲間といった新郎新婦との間柄や、席のスタイルに応じたスピーチ実例を豊富に収載。

アフィリエイトサービス