交通や宿泊の手配

結婚式を挙げる場所と、
招待客の住んでいる場所が離れている場合、

交通費や、宿泊施設の手配を考慮しなければなりません。

@ 媒酌人、主賓、司会者
 結婚式に欠かせない存在で多分にお世話になるので、
費用は全額負担が一般的です。費用負担を断られても、
当日、「御車代(おくるまだい)」を渡します。

A 遠方からの友人
 次の中から選ぶことになります。

A.費用(宿泊、交通)全額負担
B.宿泊費(ホテル代)、交通費のどちらか一方を負担
C.結婚祝いを辞退(事前に言っておきます)
D.「遠方からわざわざおいでいただいて恐縮ですが」と断りを入れて、費用を負担しない

いずれにせよ、招待状を送る前に連絡をいれ、
こちらから費用の負担について申し出ましょう。

アフィリエイトサービス